うつ病チェックで高校生活を守る【症状がひどくなる前に治療】

サイトメニュー

ストレスがもたらす病気

医者

SNS社会である現代、中学生や高校生であっても、トラブルが起きやすくうつ病になってしまう人が増えてきています。うつ病である可能性を疑う場合は、セルフうつ病チェックを行い早めに専門病院を受診しましょう。

詳しく見る

分かりやすい精神病の特徴

チェック

不眠などの症状が長く続く時は精神病になっている可能性があるため、うつ病チェックをして問題を確認するのが大切です。高校生が精神病になった時は学校への連絡などもいるので、具体的な手続きを医師に確認しておく必要があります。

詳しく見る

子どもでも発症する

悩む人

高校生のような青年期においても、うつ病を患う子が一定数いることがわかっています。サイトで閲覧できるうつ病チェックシートでチェックし、9項目の内、5項目以上当てはまるようなら、精神科を受診してください。

詳しく見る

変化を感じたら相談

診察

頑張り過ぎない心がけを

受験や就職などの将来の進路を決める重要な時期である高校生の家族をお持ちの方にオススメなのが、うつ病チェックです。学校生活を送る上での人間関係はもちろんのこと、どのような進路を選ぶかで悩む高校生も多くいます。不眠の傾向を感じ取ったり、やる気がわかなくなったりしている場合には、注意が必要です。家族が生活態度の改善を促したり勉学などの成績を気にしたりするようなことを発言することで、症状が悪化する可能性もあるため専門家にうつ病チェックをしてもらうと的確なアドバイスをしてもらえるようになります。また、自分自身が高校生で受験や進路のプレッシャーで不眠などの症状がある場合にも、専門家に相談すると症状がひどくなる前に治療することが出来ます。頑張り過ぎたり無理し過ぎたりする傾向のある性格の場合には、周囲から見てうつ病に見えないこともありますが、自分1人になった時にひどく落ち込んだり眠れない日が長く続くようであればカウンセリングがオススメです。電話やメールによる相談を受け付けているクリニックもありますし、精神科と心療内科のどちらかから選ぶことも出来ます。睡眠薬などを用いて早めに睡眠障害から脱却したい場合には、薬による治療をメインに行える精神科を選ぶ方も多くなっています。効果の強い薬などは使わずに漢方薬などを使用して治療を行いたい場合には、心療内科を選ぶ方も増えており人気です。学校に通ながら通院できる夜間診療を行なっているクリニックや、日曜日や祝日などの休みの日に治療を行なっているところもあり、日常生活を崩さずに治療することも可能です。もし、家族がうつ病チェックを行い病気であると診断された場合には、家族がサポートを行うようにすると治療がスムーズになります。特に、高校生でうつ病チェックを受けに行く場合には、家族が診察に付き添うなどの協力が重要です。通院を行うようになった場合にも、毎回家族の誰かが一緒に付き添って、アドバイスをよく聞きメモなどをしておくと家庭内でも対応しやすくなります。また、学生生活を行う上で周囲の人に通院していることを知られたくない場合には、車で病院まで送るなどの協力も行うと通院しやすくなり便利です。うつ病チェックでうつ病であると判断されたからといって、これまでと態度を大きく変えるのではなく、何気なく接して規則正しく高校生として生活が出来るようにサポートするのが大切です。無気力状態に陥ったりやる気がわかなくなったりする症状が出る場合であっても、口うるさくせずに穏やかに接すると心を傷つけずに済みます。ストレスを解消させるために、習いたい趣味がある場合には通わせてあげたり、出かけたい場所があったりする場合には一緒に遊びに行くのも大切です。綺麗な景色を見に行ってストレス解消をしたり、興味のあることや習い事をさせたりすることで嫌なことを忘れる時間が増えます。本人が話したがらないことは無理に聞かないようにして、相談を持ちかけられた時はゆっくりと話を聞くようにするなど、本人の意思を尊重するように心がけると治療しやすくなります。生活して行くうちに患者本人の感情が変化し、どのように接していいか分からない時には、その時の様子を医師に伝えて対応の仕方を聞いておくと安心です。